【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315

2916円

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315:当店では2000以上のモデルを取り揃えておりますので、モデルではなくメーカーにご来店の際は、ご遠慮なくお電話ください。喜んでチェックさせていただきます! salenew大人気!,激安価格と即納で通信販売,セール特別価格【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315



~dfymshiteinirui~
商品区分【第(2)類医薬品】商品名:奥田脳神経薬M
メーカー:    奥田製薬

初回作成年月:2007/10
改訂年月:2012/03
版番号:M05

○特徴
耳鳴りとは、周囲の音とは無関係に、耳の中や頭の中でさまざまな音が聞こえるように感じる状態をいいます。また、めまいは耳鳴りや難聴に悩む方にも多くみられる症状です。奥田脳神経薬は高ぶった神経を落ち着かせることで、耳鳴り、めまい、首肩のこり、頭痛・頭重等に効果のあるお薬です。

○してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください
   本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
   他の催眠鎮静薬、鎮静薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気があらわれることがあります。)
4.服用前後は飲酒しないでください
5.長期連用しないでください

○相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。(4)高齢者又は虚弱者。
 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (6)次の診断を受けた人。
   腎臓病、肝臓病、心臓病、胃潰瘍、緑内障、呼吸機能低下
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ、じんましん
    消 化 器 : 悪心・嘔吐、食欲不振、下痢
    精神神経系 : めまい、不眠
    そ の 他 : どうき、のぼせ、倦怠感
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

○効能効果
耳鳴り、めまい、首肩のこり、いらいら、頭痛、頭重、のぼせ、不安感

○用法用量
次の量を、さゆ又は水で服用してください。
 〔 年  令 〕 大人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 5錠
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  令 〕 15才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関する注意>
1.朝夕なるべく食後に服用してください。
2.人により、就寝前に服用すると眠りにくくなることがありますので、このような方は就寝直前に服用しないで、4~5時間前に服用してください。
3.定められた用法・用量を守ってください。

○成分分量
10錠(1日服用量)中
チョウトウ末(釣藤末)30mg・ニンジン末(人参末)475mg・サンソウニン(酸棗仁)30mg・テンナンショウ末(天南星末)30mg・シンイ末(辛夷末)30mg・インヨウカク末(淫羊カク末)30mg・サイシン末(細辛末)30mg・ルチン50mg・カフェイン水和物300mg・ブロモバレリル尿素600mg・グリセロリン酸カルシウム300mg

添加物としてバレイショデンプン、乳糖、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウムを含有します。

○保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり、品質が変わるのを防ぐため。)
(4)ビン入り品は、服用のつどビンのふたをよくしめてください。
(5)ビンの中の詰め物は、錠剤の破損を防止するために入れてありますので、開栓後は捨ててください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべく早く服用してください。

○その他の添付文書記載内容
耳鳴り、めまいの方へのアドバイス:
・耳鳴りのような比較的慢性的な疾患の場合は、朝夕1日2回で約2週間を目安に服用して様子をみてください。
・回転性めまい等の場合は、朝夕1日2回で約1週間を目安に服用して様子をみてください。

○問合せ先
このお薬についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記へお願いいたします。
問合せ先名
奥田製薬株式会社 お客様相談窓口
問合せ先住所
大阪市北区天満1丁目4番5号
問合せ先電話
(06)6351-2100(代表)
問合せ先受付時間
午前9時から午後5時まで、土日祝日を除く

製造販売元 :奥田製薬株式会社

[文責:株式会社 フクエイ 登録販売者 並木一喜 TEL042-395-8640]

豊富な知識と実績で、心身の健やかな生活を支えます。

【新型コロナウイルス対策】
発熱や咳症状がある場合は、受診前に必ずください。熱が37.5度以上の場合は、かかりつけ患者さんのみ電話診療しております。詳しくはこちらのページをお読みください。

【川崎市ワクチン予約】
新型コロナワクチン予防接種の予約はこちらのページをご覧ください。

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315

内科

内科

風邪などの日常疾患や生活習慣病を広く診察しています。呼吸器科、血液内科、アレルギー科の診察にも力をいれています。

心療内科

心療内科

ストレスからくる心身の不調を中心に診察していきます。うつ病などの気分障害、パニック障害などの不安障害、不眠症などを診察しています。

日々の不安をサポートする
診察サービス

こころみ医学

心身の健康を保ち、穏やかな日々を当たり前に過ごすために。
こころみクリニック医師が執筆監修する、病気やお薬の知識を配信しています。

※「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックにお問合せいただいてもお答えできませんのでご了承ください。

  • お薬を牛乳で服用するとどうなる?お薬と牛乳の飲み合わせ

    お薬を飲むとき、皆さんは何で服用されていますでしょうか? 通常はお水で服用されるかと思います。お薬を製造する過程では、水で服用したときのデータをもとに用法用量が

  • パニック障害の症状・診断・治療

    「パニック」という言葉は、日常の中でもよく使われるかと思います。予期しないことが起きて混乱したときなどに使われるかと思います。 パニック障害の「パニック」は、日

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315

【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315:当店では2000以上のモデルを取り揃えておりますので、モデルではなくメーカーにご来店の際は、ご遠慮なくお電話ください。喜んでチェックさせていただきます! salenew大人気!,激安価格と即納で通信販売,セール特別価格【第(2)類医薬品】奥田脳神経薬M 150錠 4987037548315